笑顔の女性
  • ホーム
  • シミやそばかすを消して美白にするにはトレチノイン

シミやそばかすを消して美白にするにはトレチノイン

女性の肌悩みの上位に挙げられることも多いシミやそばかす、このような色ムラが目立っていると、どうしても肌は美しく見えないので、ついついファンデーションも厚塗りとなってしまいがちで、余計に悪目立ちさせてしまいます。
かと言って、様々な美白コスメを使ってお手入れを行っても、いっこうに効果がない、と嘆いている女性も少なくありません。

そこでおすすめなのが、ビタミンAとしても知られるトレチノインで、肌のターンオーバーを促進させる作用が働くので、シミやそばかすの原因となるメラニン色素をどんどん排出し、薄く、目立たなくなっていきます。
トレチノインは美白成分としては、あまりなじみのないものですが、肌の生まれ変わりが活発になるので、シミやそばかすなどの色素新着だけでなく、ニキビやニキビ跡、しわやたるみの改善も図れる、まさに万能の美容成分です。

トレチノインが配合されているコスメはたくさんありますが、短期間で確実に色ムラを改善させたいのであれば、医薬品レベルの濃度の高いものがおすすめで、ネット通販で買える、海外の製薬会社が販売しているトレチノインが最適です。

さらに美白効果を高めたいならば、ハイドロキノンも併用するのがおすすめで、こちらも医薬品レベルの高濃度のものを使用すると、もともと地黒の方でも、驚くほど透明感のある明るい肌トーンへと生まれ変わっていきます。
子供のころからあるそばかすでさえ、消えてなくなっていきます。

トレチノイン、ハイドロキノン療法は、美容外クリニックでもシミ治療として人気が高くなっていますが、トレチノインでどんどん新しい皮膚に生まれ変わらせると同時に、強力な美白剤としても知られるハイドロキノンを加えることで、肌をまるで漂白していくように白くしていくわけです。

ターンオーバーが促進されるため、皮膚が薄くなるので、新たなシミを作らせないための意味もあるので、トレチノイン単体で使うよりも、ハイドロキノンも一緒に使う方が、早く白い肌が手に入れられるでしょう。

トレチノインの塗る量を間違うと炎症を起こすので注意

ただ、このトレチノインは、塗りすぎには要注意で、肌に赤みが強く出るなどの炎症を引き起こしてしまう危険性があるので、初めて使う時には、特に敏感な目元は避け、ごく少量から試していきます。
少しでも炎症がひどく出ているようならば、塗る量をさらに加減したり、一日おきや二日おきなど、頻度も減らして見ましょう。

塗りすぎによる副作用は、顔のほてりもあり、特に温かい部屋の中に入ったり、お風呂に入ったりすると、まるでお酒に酔っぱらっているかのように、顔が真っ赤になってしまう方もいるようです。
この副作用は、トレチノインを塗らなくなれば落ちつくので、シミがある程度薄くなってきたと感じれば、徐々に塗る間隔を開けていくなど、肌の様子を見ながら加減しましょう。

トレチノインを使い始めると、多くの方が皮膚が剥けていくことに驚かれるようです。
これはターンオーバーが強制的に促進されているからで、皮膚はかなり薄くなっています。
その為、紫外線に無防備な状態となっているので、ハイドロキノンで美白成分を送ってあげるとともに、日焼け止めをしっかりと塗って、肌を守ることも大切です。

早く白い肌になりたいからと、塗りすぎてしまうと、違う肌トラブルを引き起こしてしまう危険があるので、必ず少量から始め、剥離がひどくなれば少し塗るのをお休みするなどし、保湿ケアもしっかりと行い、薄くなってしまった皮膚を外部刺激から守るように気を付けましょう。

美容クリニックで使う場合には、色素沈着の状態により、医師が塗る量や間隔を指導してくれますが、個人でネット通販などで買いつけて使用する場合には、かなり強力な医薬品だという事を理解し、慎重に扱うことが大切です。